10代~20代女性に人気のセフレ募集サイト!女性に優しい作りだからセックス相手探しに困らない♪

0

男女の不平等に対抗する女性たち

昔は女性は結婚するまでは純潔を守るべきという考え方が根強くありました。
さすがに現在はそんな考え方をする人は少なくなりましたが、自分の彼女があまり男性経験が多いのは好ましくないと思っている男性は多いはずです。
その一方で、男性は風俗で遊んだりナンパで知り合った女性とセックスをしたり、さらには出会い系サイトややれるアプリを利用してセフレを作っている人もたくさんいます。
自分の彼女には男性を遊ぶことを良しとしないのに、自分は女性と遊びまくっている…。
これってとても不平等なことではないでしょうか。
ところがそんな男性に限って、自分の彼女や妻が別の男性と関係を持っていても気が付かないものなのです。
いや気が付かないのではなく、自分の恋人や妻が自分以外の男性と関係を持つはずなどないと思い込んでいるのです。
しかし女性も男性と同じように性欲はありますし、時代も昔のように女性は淑女であるべきだという考え方は薄れてきています。
さらにインターネット上にはやれるアプリやセフレサイトなどの男女の新しい出会いの場がたくさん用意されていますから、その気さえあればいくらでも機会は手に入ります。
自分は女性と遊んでいるのに女性には淑女を求める男性こそ、自分のパートナーがセフレを作っているなど手痛いしっぺ返しをされているのに気づいていないものなのです。

セックスを楽しむために事前に話し合いをしよう

一般的なカップルで、セックスの前に自分の好きなセックスプレイや性癖について話し合うケースはほとんどないのではないでしょうか。
出会い系アプリややれるアプリを利用して出会ったお互いがセックスを楽しむために付き合うセフレカップルでさえ、事前にそういった話をすることはあまり多くないようです。
ただそういったアプリの中にはプレイや性癖に特化したサイトもあるので、それを利用すれば同じ趣味嗜好の人と出会えるので問題はないかもしれません。
けれどもそうでないなら、事前の話し合いをするようおススメします。
せっかくセックスを楽しむために出会ったセフレとのセックスなのに、自分の思うようなプレイができなくて満たされなければ意味がありません。
恋人がいたり結婚をしていて特定のパートナーがいながらセフレを求めるケースでは、そのパートナーとのセックスが満足できないからという理由が多くあります。
その満足できないという理由のひとつが、パートナーに自分の性癖を知られたくないからであったり特殊なセックスプレイなので持ち掛けるのに抵抗があるというケースです。
セックスについて話し合うのは何となく恥ずかしいという人はたくさんいます。
でもセフレを作った目的がセックスを楽しむためであるなら、その点をはっきりさせておくべきです。
案外相手も同じようなものを求めていることもあるかもしれませんよ。

セフレと愛人の違い

世間では不倫はいけないものというのが一般的な常識です。
しかし、いつの時代も不倫をする人は少なからず存在しています。
また、人妻の不倫をテーマにしたドラマや映画、小説などが人気を集めることも珍しくありません。
これは、不倫はいけないこととはいいながらその一方でその反モラルな関係に憧れる人も少なくないことの表れともいえるのではないでしょうか。
新しい出会いを求めるツールとしてやれるアプリが支持されていますが、登録している人を見ると少なくない既婚者がセフレを求めて利用していることがわかります。
既婚者がセフレを作ることはリスクが伴うはずなのに、なぜそうしてまでセフレを求めているのでしょうか。
同じような状況として愛人を持つケースが考えられますが、セフレを持つこととは根本的な違いがあるのです。
それはセフレは完全に「割り切った」関係という点です。
愛人の場合はお互いに恋愛感情がありそのためにトラブルが発生することもしばしばですが、セックスを楽しむだけの関係であるセフレならそんな心配はいりません。
ただしこれはあくまでもセフレを作る側の考え方であり、セフレを作られたパートナーのほうはセフレの存在を知ればショックを受けるのは当然でしょう。
したがって、いくら割り切った関係とはいえセフレを求めていることやその存在は隠し通すべきです。